沿革

昭和24年 4月 生活保護法による県立宿所提供施設として開設(定員24世帯)

 

昭和25年 12月 総合社会福祉施設として福井県雲雀ヶ丘寮設置

養護施設開設 定員30名

授産場開設 定員120名

 

昭和26年 6月 母子寮開設 定員13世帯

       7月 保育所開設 定員45名

 

昭和29年 3月 授産所休止(昭和33年3月廃止)

 

 

昭和33年 3月 授産所を婦人保護施設「若草寮」に転用

 

 

昭和35年11月 若草寮が福井市に移転

 

 

昭和36年 5月 養老施設拡張工事終了   定員80名に改正

 

 

昭和37年 3月 母子寮拡張工事終了     定員20世帯に改正

 

 

昭和40年 4月 保育所を金津町に移管

            寮の経営を社会福祉法人福井県福祉事業団に委託

 

 

昭和45年 3月 宿所提供施設を廃止

 

 

昭和47年 3月 母子寮廃止

 

 

昭和49年 9月 養護老人ホームの全面改築工事終了   定員100名に改正

 

 

昭和61年 11月 施設を金津町に委譲、金津雲雀ケ丘寮となる

 

 

平成2年 4月 小規模特別養護老人ホーム開設   定員30名

          ショートステイ事業開始    定員3名

 

 

平成4年10月 特別養護老人ホーム    定員40名に改正

           養護老人ホーム定員90名に改正

 

 

平成7年4月 在宅介護支援センター事業開始

 

 

平成20年 3月 ユニット型特別養護老人ホーム建設   定員40名

 

                           ショートステイ増床  従来型3名・個別ケア型12名に改正

 

 

平成21年 4月 あわら市より、あわら市社会福祉協議会が指定管理者となる

 

 

平成22年12月 デイサービスセンター移転改築    定員25名に改正

 

 

平成23年 4月 制度外の各種在宅支援サービス事業開始

 

 

現在に至る